2人でオフラインプレイできるおすすめのソフトランキング

PremiumなのにYouTube動画がオフラインにダウンロード保存できない原因と解決方法

オフライン保存で動画を見たくて、1年前にYoutubeのプレミアムに加入しました。

しかし、時々オフライン保存ができない時があります。

半年間いろいろ試した結果、原因と解決方法がわかったので紹介します。

スポンサーリンク

オフライン保存できない原因

長尺の動画を保存しているから

ずばり原因は、長尺の動画を保存しているからです。

以下のような長時間、編集無しの動画(11時間55分)をオフライン保存しようとします。

Wi-Fiに接続されていれば、保存を始めるのですが、保存は終わりません。

もう一生「オフラインに保存しています」というメッセージが出続けるだけです。

この状態で短い動画5分や2分の動画をオフライン保存しようとすると、「オフライン保存を待機しています」というメッセージが出続けます。そして、待機は待機のまま、終わらないのです。。

これは先にオフライン保存を始めた11時間の動画が行列の先頭にあるからです。

対処法

この問題を解決するためには、行列の先頭にある長尺の動画の保存をやめればいいのです。

「一時保存を一時停止しました」というメッセージが出て、さきほど「オフライン保存を待機しています」とメッセージが出ていた2つの動画の保存が始まり、一瞬で終わります。

スポンサードリンク

ライブ配信中の動画を保存しているから

もう一つの原因がライブ配信中の動画を保存しているからです。

 

ライブ配信中の動画を「後で見る」に保存しようとすると、上の画像のように、「一時保存に失敗しました」と表示が出ます。

そして、その下のライブ配信ではない動画の保存がずっと終わらなくなります。

対処法

これの対策は、ライブ配信配信の動画を一度削除することです。

ライブ配信動画を保存して以降保存した動画がダウンロードできませんでした。

しかし、ライブ配信動画を削除した途端にそれらのダウンロードが開始され、一瞬でダウンロード完了です。

 

Youtubeのよくわからない仕様

「後で見る」で保存した動画が自動でオフライン保存される時とそうでない時とがあります。

この仕様ははじめ、私は「後で見る」→「オフライン保存」が100%行われるものと思っていました。しかし、これはされない時も多いので、そう言う場合は「オフライン保存」ボタンを押せばオフラインで見られるようになります。

タイトルとURLをコピーしました