2人でオフラインプレイできるおすすめのソフトランキング

2人でもじぴったんアンコール攻略 ┃操作・システム解説とプレイ感想

スポンサーリンク

ゲーム概要

  • ゲームタイトル:ことばのパズル もじぴったんアンコール
  • ジャンル:パズル
  • プラットフォーム:PS4、Nintendo Switch、STEAM、Android、iPhone
  • プレイ人数:1~2。オフラインマルチプレイ対応。画面は分割ではなく、1画面内に2人が収まる

いつから、どうやって2人でプレイできるのか

メニューから対戦モードを選びます。オフライン・オンライン・NPC(コンピューター)と選べます。

なお、もじぴったんは2人で同時に操作する場面はないので、コントローラーが1つでもオフライン対戦ができます(Switchの場合)。その場合は、順番にコントローラー(または本体ごと)を交換して対戦を行うことになります。したがって、スイッチLite1台でもオフライン対戦が可能だと考えられます(検証はしていません)。

操作方法

A:選択、決定

B:キャンセル、一手戻す

Y:使用しない

X:作った言葉のリストを参照

L:文字リストの先頭に移動

R:文字リストの最後に移動

+:中断

遊び方

1人プレイ

ステージごとにクリア条件が指定されているので、その条件をクリアできるように文字を置き、言葉を作っていきます。

「えらぶくん」という文字リストから文字を選び、マスの上において言葉を作ります。初めにいくつか文字が置いてあるので、その上下左右のどこかに文字を置いて言葉を作ります。文字が読める方向は「上→下」「左→右」のみで、ナナメに文字を作ることはできません。

したがって、どの文字ともくっつかない場所に文字を置いたり、言葉にならない文字を置いたりすることはできません。

練習ステージから特殊ステージまで実に572ものステージがあり、かなりボリューミーです。最新のトレンドも取り入れているようです。

また、コレクション要素や育成要素(?)もあり、やりこみ度も高めです。

2人プレイ

2人プレイモードは、協力ではなく対戦です。どちらが先に指定の数のマスを取るかで競います(一部異なるルールあり)。2P対戦モード用に、100のステージが用意されています。1Pの時と同じように、様々な特殊ステージもあり、かなり楽しめます。

スポンサードリンク

バンダイナムコの看板キャラクター、パックマンとのコラボも。

攻略のコツ

とにかくたくさんの言葉を作ることです。言葉はいくつも同時に作ることができ、連鎖すると高得点がもらえます。例えば、下の画像では「こ」をはめることで「こじ」「おこ」「おこう」「こう」と4つの言葉を作ることができ、高得点につながります。

また、できるだけ長い言葉を作ることも大切です。長い言葉は単純に得点が高いです(2文字の言葉は20点、3文字の言葉は40点、4文字の言葉は80点…)。また、長い単語はそれだけ単語内にいくつも別の単語が隠れていることが多いです。例えば、下の画像では「こじゆうと」とつなげることで、「こじゅうと」「ゆうと」「うと」という3つの単語ができ、660点を獲得することができました。

ステージによっては、連鎖が作りやすい大マスがあったり、1ターンごとにマスが移動したりするギミックがある場合もあります。それらを駆使して、どの文字を使えばよりたくさんの言葉を作れるか、を考えるのがこのゲームの醍醐味と言えるでしょう。

不満点

Amazonのレビューから不満を取り上げて解説します。

◆ソロプレイも割と楽しいし、気軽にインターネット対戦できるのは良い。
ただし対戦ステージの作り込みが足りない。
偶数個単位の空きマスが複数あり、先手が先に文字を入れ後手が必ず返せるような形の、
先手後手で有利不利の差が非常に激しいステージが複数ある。
このようなステージでは遊びたくないが、ステージ選択がランダムなので出てきてしまう。
ステージ選択がランダムならせめて、遊びたくないステージを除外するような機能が欲しい。

◆オンライン対戦機能ありますが、あまりお勧めはできません
発売してまだ日が浅いですが、人口少なく同じ人とマッチングし続けます
また、「え、その言葉無いの?」というのが結構あるのが残念です(体感では、1試合に1回程度出くわします)
オフラインでやるなら何度でも手を戻せるので、楽しくできると思います

オンライン対戦時の不満点が多いようです。ボードゲームのような先手後手のあるゲームでの有利不利はつきものですが、オンラインプレイ人口が少ないので、ステージ選択制にしてしまうとマッチングがされないなどの問題があるのでしょう。オンライン対戦はおまけ程度に思っておいたほうがいいかもしれません。

公式の紹介

ヒラメキと偶然がコトバをつむぎだす、知的好奇心くすぐるパズルゲーム。

   『 □ あ い 』

ーーあなたは、この ”□” に、どんな ”もじ” をいれますか??

【ことばのパズル もじぴったんアンコール とは?】

あの「もじぴったん」がパワーアップして、10年ぶりにNintendo Switchで登場!
「もじぴったん」は、もじを組み合わせて言葉を作る、好奇心くすぐる新感覚パズルゲーム。
四方に広がる空白のマスに好きなもじを入れて、たくさんの言葉をつくり、偶然とひらめきから生まれることばの連鎖を楽しみましょう!

■なんと!800以上のステージが遊べる!
シリーズ集大成の『ことばのパズル もじぴったんWii デラックス』をベースに、
さらに、こだわりあふれる新規ステージを追加しました!

■ゲームの肝となる「もじぴったん辞書」は13万語以上!
当時なかった「インスタ映え」「令和」など、流行りの新しい”ことば”を追加しました!

【いつでもどこでも2人対戦!】
・2人でパズル:Joy-Con™の「おすそ分け」や、「携帯モード」の受け渡しで、2人で一緒に白熱のパズル対戦が楽しめます!
・オンライン対戦モード:全国のライバルと対戦して、最強の称号「ビッグバン」を目指しましょう!

【やりこみ要素もたーくさん!】
・わくわくパズル:過去作品に収録されていたステージも実装!作った言葉によるプレイヤーの性格診断も楽しめます!
・もじくんコレクション:ミッションをクリアしていくと、アバターの”もじくん”をデコレーションできるアイテムをゲットできます。収録アイテムは600個以上!

総評

★★★★☆

大人でも、結構「こんな言葉もあるんだ」と勉強になりますので、お子様の教育やご年配の方の認知症予防に役立つのではないかと思います。

体験版が配信されていて、5ステージ無料で遊べます。また、2021年7月19日より、Nintendo Switch Online加入者限定でいっせいトライアル(無料プレイ)が開催されています。気になる方は、この機会に加入してプレイしてみましょう。Nintendo Switch Onlineの利用金額は1か月306円で、12か月でも2400円なのでソフトを買うよりお得です。

タイトルとURLをコピーしました