2人でオフラインプレイできるおすすめのソフトランキング

鬼ノ哭ク邦攻略 ┃操作・システム解説とプレイ感想

ゲーム攻略・感想
スポンサードリンク

概要

  • ゲームタイトル:鬼ノ哭ク邦(おにのなくくに)
  • ジャンル:アクションRPG
  • プラットフォーム:PS4/Nintendo Switch
  • プレイ人数:1人

システム

見下ろし型のアクションRPGです。

ステータス画面。

戦闘はリアルタイムで行われ、鬼ビ人と呼ばれる「ジョブ」のようなものを付け替えて戦います。

鬼ビ人

鬼ビ人を付け替えると武器とスキルが変わり、それによって戦闘での動きが変化します。

鬼ビ人はダンジョンを歩いていると突然仲間になります。

ゼノブレイド2のように、一人一人の鬼ビ人に物語があり、それらは祠?慰霊碑?を触ると、さらに物語を深く知ることができます。

鬼ビ人のスキルツリーです。

技の習得も能力系のアップもプレイヤー次第です。

スポンサードリンク

ワールドマップと街

ワールドマップはこんな感じで、

街やダンジョンにカーソルを合わせて中に入る形式です。 

街の中でも幽リ世/現シ世渡りができ、切り替えながら街を探索できます。

最初の街では、本部らしき場所もあり、仲間がたくさんいることがわかります。

 

難易度

難易度はいつでも変えられますが、かなり易しめの作品なので、最高難易度のマニアックでのプレイをオススメします。

ストーリー

子どもの頃両親を失くしたカガチ(主人公)、両親を逝ク人守リに送ってもらいます。

そして、時が経ち、自身も逝ク人守リとなったカガチをプレイし始めるのが冒頭部分です。

冷徹な主人公、カガチ。

なぜカガチは逝ク人守リになったのか、その理由も今後明かされていくでしょう。

カガチはかなり冷たい人のようです。鬼ビ人と物扱いしています。

総評

アクションは思ったよりもっさりしていますが、鬼ビ人を付け替えることで戦略に幅を持たせることができるので、単調になりがちなアクションゲームを爽快にプレイできそうです。

さらに、ストーリーの展開が気になるので、アクション以外も期待できます。

後はROGに欠かせないやり込み要素ですが、隠し武器や隠し鬼ビ人なんかがいると楽しそうです。

 

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)- PS4

 

 

コメント