2人でオフラインプレイできるおすすめのソフトランキング

2人でバイオハザード6攻略 ┃操作・システム解説とプレイ感想

スポンサーリンク

ゲーム概要

  • ゲームタイトル:BIOHAZARD6(バイオハザード6)
  • ジャンル:サバイバルホラー/シューティング/アクション
  • プラットフォーム:PS4、Nintendo Switch、STEAM、X-BOX
  • プレイ人数:1~6人。オフラインマルチプレイ対応。画面は分割で、1画面内に2人が収まる
  • 難易度: ★★★☆☆

いつから、どうやって2人でプレイできるのか

開始と同時に、ゲームを起動した瞬間にできます。

ストーリーを選択画面したら、「SCREEN MODE」で「SPLIT」を選択し、NETWORK SELECTIONは「OFFLINE」を選択しましょう。

これで、オフラインで横分割で2人同時プレイができます。

2人で始める際の注意点

本編には4つのストーリーが収録されていて、それぞれ2人1組で動きます。1P、2Pがそれぞれどちらのキャラを使うかを選ぶことができ、基本的に2人のどちらを選んでも操作や難易度などに差はありません。

時に役割分担することもあります。

ただし、「ADA編」だけはエイダとエージェントの組み合わせで、エージェントはドアを開けたり重要アイテムを拾ったりなどの操作ができません。

 

画面は基本横分割です。テレビが小さいと見にくいかもしれません。

SwitchではJoy-Conを使っておすそわけプレイができますが、Switch本体を見ながらの協力プレイは画面が小さすぎて困難だと思われます。テレビやモニターに出力してプレイしたほうがいいでしょう。(以下はPS4版の画像です)

 

なお、スキルポイントでスキルを買うことができますが、この画面は1Pのみが操作できます。(効果は1P2P 同様に付与されます)

プレイ動画

こちらは実際に2人でプレイした動画です。実況などはありません。なんとなく雰囲気は掴めるかと思います。

スポンサードリンク

操作方法

〇:協力プレイ

×:走る

□:弾補充、アイテムを取る、アクションを起こす、等

△:アイテムメニュー

L1:ルートガイド

L2:銃を構える

R1:回復(タブレット服用)

R2:格闘攻撃

L2+R2:銃を撃つ

十字キー:武器/アイテムの切り替え

※操作方法はゲーム内にて変更可

ストーリー

ラクーンシティの事件から十数年後。

尚も続くバイオテロに歯止めをかけるべく、合衆国大統領は“ラクーン事件の真相”の公表を決意する。講演当日に会場で起きた大規模なバイオテロをきっかけに、“闇”はその深さを現わしていく。

ゾンビが闊歩するアメリカ【トールオークス】にて、大統領暗殺の容疑をかけられたレオン。
要人救出のため。バイオハザードが発生している中国【蘭祥】にて作戦を遂行するクリス。
欧州の紛争地域である【イドニア共和国】にて、正体不明のB.O.Wに追われるジェイク。
そして、3人の前に現れる謎の女エイダ。

世界規模で発生するバイオテロとの戦いの中、それぞれの場所、立場、運命は絡み合っていく。

(公式より)

戦闘

様々な銃を使って相手を射撃します。

また、格闘攻撃が意外と強く、弾が足りなくなっても肉弾戦で切り抜けられることがあります。

また、敵によっては、ダメージを食らうと一撃で殺されてしまう場合もあるので、時には逃げる選択も必要です。

攻略のコツ

バイオハザード6は、イベント中に起こるQTE(タイミングよく指定されたボタンを押す)がかなりたくさんあります。

設定で「オートアクション」をオンにすることで難易度が下がるほか(それでも結構難しいですが)、Switch版ではオートでクリアしてくれる設定もあるようです。

なお、回復するためにはグリーンハーブをタブレットケースに入れる必要があります。グリーンハーブは、レッドハーブと組み合わせてより回復量の多い薬にすることができるほか、グリーンハーブ同士を調合して個数を増やすことができます(グリーンハーブを2個調合すると、3個分の回復量になる)。

セーブはどうやってするの?

今作はオートセーブに対応しており、タイプライターはありません。

チェックポイントがあり、DYING状態になった場合はチェックポイントからの再開となります。

また、チェックポイントとは別にオートセーブポイントがあり、画面左上にSavingと出たタイミングでセーブされています。

難易度の違い

AMATEUR、NORMAL、VETERAN、PROFESSIONALの4種類から選べ、右に行くにしたがって難易度が上がります。

違いは、敵の体力、被ダメージ、入手できる弾薬数などです。

もらえるスキルポイントの量も高難易度になるにつれて上がっていくため、アマチュアではあまりスキルポイントがたまりません(それでクリアできない、ということはありませんでしたが)。

公式の紹介

すべての闇を、生き抜け

『バイオハザード6』は2012年10月に発売された独立した4つの物語で、世界規模のバイオテロを描く極上のホラーエンターテインメントだ。壮大なストーリーとレオン、クリスと言ったシリーズを代表する2人の主人公の初共演が話題を呼んだ。
4つの物語は次第に交差し、絡み合ってゆくのだが、見知らぬプレイヤーとゲームプレイそのものが交差する“クロスオーバー”が採用されており、特定の場面において最大4人で見知らぬプレイヤー同士で協力プレイを楽しむ事が出来る。 マルチプレイの新しい形を示した作品といえるだろう。
オンラインでの協力プレイに加えて、手軽なオフラインでの協力も楽しむことができる。

総評

★★★★☆

PS5でプレイしたからか、ロードはほぼ皆無で、サクサク進めておもしろかったです。

バイオハザード5よりは謎解き要素もあり、その点でも楽しめました。

ストーリーも、4人の視点から一つの物語を追うことができて、あの裏ではこういうことが起こっていたのか、とより深く物語に入り込むことができます。

QTEが大変だったのが、唯一の欠点でしょうか。

超有名シリーズなので、プレイして損はないと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました